50周年記念会報告1 記念宣教編

 50周年木村宣雄師
 この「50周年記念会」の第1部記念礼拝のメッセンジャーとして 日本福音キリスト教会連合 千歳福音キリスト教会(北海道)の木村宣雄先生が来て下さいました。

 木村先生は、この奥多摩バイブルシャレー(当時:奥多摩バイブルキャンプ、以下OBC)ができた同じ年、1960年の50年前に生まれて、小さな頃〜 小学生〜中学生〜高校生とキャンプに参加し、大学生ではサブリーダー〜神学生ではリーダーとして多くのキャンプで奉仕してくださっていました。当時、日本新約教団の合同青年会ディスコードの創設にも貢献したのでした。

 メッセージでは、宣教師の先生方が日本で宣教をされたご苦労について、英語でお礼と、特にその苦労が具体的にどのようなものかを上げて、面白く説明しながら述べました。

 御言葉:ヨハネによる福音書6章1節〜14節の有名な「5千人の給食」から、その間違った解釈などを、やはり大変面白く説明しながら、また、このテキストの重要な部分は、イエス様が弟子たちを訓練した目的について語られ、キャンプでの中心が福音宣教であると共に、「弟子を訓練すること」=「奉仕者を訓練すること」また、「賜物を活かす」「活かされる」ことの恵みを示しました。
 そして、それがOBCでの思い出や、北海道でのキャンプ宣教の労苦の中から多くのことを主が教えてくださった感謝からお話し下さいました。
 
 来賓の岩松先生に「木村先生はOBCのために生まれてきた人なんだね〜」と言わしめる程の関わりを持った人が木村宣雄先生でした。

 
・・・・・・・
 この記事も他人事のように記載していますが、木村師(ノブさん)はわたしと母教会も一緒で、教会でも一回り上の先輩でしたが、ものすごいお世話になりましたし、まさに兄弟の様に育ちました。

 教会に行くにも、まず木村家によってノブさんといっしょに教会まで行き、教会学校、中高科、土曜日の中高生の祈り会、家庭教師もしてもらいました。(家庭教師は慣れすぎてて、かえって駄目だったかな?)
 好きな音楽や、アニメまで影響を受けました。
そして、キャンプもそうでした。 他の教会の仲間とも簡単に親しくさせてもらって、主に在る地域教会を超えた交友関係について喜びを覚えることができたのも、ノブさんのお陰です。

 今回、北海道から来てもらうことが出来て、本当に嬉しかったです!



「50周年記念会」 祝福のうちに開催することができました。感謝!

 50周年集合写真

ご案内しておりました、奥多摩バイブルシャレー(旧:奥多摩バイブルキャンプ) 「50周年記念会」〜半世紀の恵みに感謝して〜が10月11日(月)開催されました。

 多くの皆さんにご来場いただき、共に主に感謝を捧げることができたことを本当に嬉しく思います。 ありがとうございました。

 当日は、東京も気温30度超えという、日差しに恵まれた一日でした。

 今回の記念会を考える中で、50年の導きに主の守りと、祝福が本当に多かったということを感じさせられました。
 歴史の編纂ということに、取り組ませていただいていますが、その中で見せられる主の真実と、今回、実際に携わってきた皆さんと顔を合わせるという機会が与えられ、励まされるということ共に、当然とは思われますが、それが目的が「宣教」であるということを強く示されたのです。
 今も地上で継続が許されている、この宣教の働きの一部を、「奥多摩バイブルシャレー」という場で担わせていただきたいと願います。

 この記念会の模様は、続けて、こちらのブログで報告させていただくことに致します。
連載したいと思います!

乞うご期待(?)


切れ間なく続きます。 JOY BIBlE CAMP #4 ?????


 joy staff2
(こちらの画像は記事には関係ありません。ジョイキャンプのスタッフです!)

 7月に入りましたが、ジョイバイブルキャンプが終わって、切れ間なく、キャンプが行われています。

 高校生&大学生のJOY BIBlE CAMP #4か ????? という雰囲気の、米国からサマーワーカーで来ているサザンバプテスト(南部バプテスト派:米国最大教派)の若い方々が40名程来られています。

 大雨の中でも、川に突っ走っていく男の子達がいるなど、やはり(?)元気です。ノリが良いですね!

 OBCスタッフにとっては大変なのですが、切れ間がなく、来週のSEND国際宣教団日本のファミリーカンファレンスまで、お客様が続いております。

 サザンバプテストのサマーワーカーの皆さんは、本日でキャンプを終えますが、今日からはセンドのカンファレンスで奉仕をするサマーワーカーの皆さんが来られます。
 今回のカンファレンスティームはSENDのK先生のサポート教会で、以前にもこられたのですが、とても、元気で、いろんな働きに長けた教会。 特にワーシップチームや、子どもプログラムなど、いろいろ参考にさせてもらいたいです。

6月半ば〜7月半ば は OBC”アメリカ状態”が継続されています。
まだまだ続きます。

joy staff 1
(やはりこちらもジョイキャンプのスタッフ達です)


2010 Tシャツはこんな感じです!

 10 Joy Bible Chalet pic

実際の Tシャツはこんな感じです。

カリビアンブルー=鮮やかな濃い水色って感じですね!

常任スタッフはそれぞれ、オリジナルカラーのテーマTシャツを来ています。

 ディレクターのH師は、ブルーはブルーでも、出身の「キャロライナブルー」という
色を着ています。

 さて、yasok、oktomoは何色を来ているでしょ〜か?

最初に当てた人一名様には、このTシャツをプレゼントいたします!
(申し訳ありませんが、すでに知っている人には権利がございません。ご了承ください)



OBC 2010 [CHOOSE LIFE]


2010Tシャツ表
 今年のTシャツです。 デザイン原画なので、多少色が異なりますが、「カリビアンブルー」という色を選ばせていただきました。
 デザインはoktomo担当で、制作はyasokということでした。

今回はバックプリントもございます。
理由は、そこに書かれている内容の通りです。2010Tシャツ裏50周年
ジョイキャンプでもなかなか好評をいただいております。

これからキャンプに来られる方がほとんどだと思いますが、お楽しみに!


さてさて

下記は前の記事で紹介されている2010年テーマソング「Choose LIFE」の歌詞です。

http://o-bc.net/ChooseLife.mp3
(こちらから聴いていただけます)

 Choose LIFE

Choose LIFE
That your Heavenly Father will give . . .
So that you and
Your children may live
Choose LIFE

Love the Lord your God
Listen to His voice
Hold fast to Him
Make the right choice

C-h-o-o-s-e LIFE
Choose L-I-F-E
Choose LIFE


 いわゆる「御言葉賛美」ですが、英語だと、こんなにかっこよく聞こえるんですね!
訳詞をつくるのはかなり難しいなかな〜?


スタッフ研修会の様子です。

スタッフ研修1

先日、OBC常任スタッフ&長期ワーカー、ボランティアワーカーの皆さんで懇親会をして、その後研修会をしました。

スタッフ研修2

「研修会?」 遊んでいる様に見えますけれども、これは、働きのチームワークについて学んでいる、研修会です。
 学ぶ為、研修の為にゲームをするというのは、日本では企業研修でなされていますが、もともとは、米国のキャンプ(クリスチャンキャンプが主)から来ているものなんですね。

津村誠スタッフ
講師はもちろんこちらの方です。

日本では今後、クリスチャンキャンプ教育の第一人者になると思われます。



NGC マッチングファンドにマッチングファンド

NGCのマッチングファンドにつきましては、すでにお知らせしておりますが、ある宣教師の先生が、そのOBCスタッフ限定でマッチングファンドを実施するということ申し出られました。
 スタッフが、皆さんにアピールするだけではなく、自分も「祈ってください!」ということです。

 で、念のためシステムを再度説明させていただきますけれども、
 このシステムは、2010年1月〜6月までの献金された額に対して、1,000万円まで同額の献金をしてくださるというものです。
 ですから、この期間に1,000円捧げていただくと、それが2,000円に!
5,000円でしたら1万円に!10,000円が20,000円に!50万円が100万円になるということです!
 
 そして、今回常任スタッフ&ボランティアスタッフ限定ですが、10万円のマッチングファンドをある宣教師の先生がしています。

 ですから、下記の画像の様になるということになります。

osatu2.jpg
(お金の画像はあまり上品とは言えないのですが、理解しやすい様にと思いまして) 

10万円までですけれども、10万円が20万円に、20万円は40万円になることになります。

 ちょっとゲーム感覚の様な感じがして、真面目な日本人には若干違和感がないとはいえませんが、何よりも、「献げる」ということについて、主の導きに耳を傾けていきたいと思います。


バナー王国 韓国?

 ご報告させていただきました通り、先週は、月曜日〜土曜日まで切れることなく、御利用いただいておりました。(←「切れること」というのは、頭にくるとか、怒るとかそういうことではありませんよ〜 お客様が続いていたという意味です。って わからない人はいないか?すみません)


 先週の最後のお客様は、東京の中心で働きが進められている韓国の皆さんの教会でした。
90名を超える方々の御利用ということで、この時期にしてはたいへん珍しい人数でしたね。
 (余談:おかげで、福音の家で実施されましたオープンデイのイタリアンにありつくことはできませんでした。青梅東ChのTくんが腕を振るわれたそうなので、少々がっかりです。)

 昨年、青梅キリスト教会牧師会で韓国の姉妹教会訪問を目的とした旅行をさせていただいて、yasokも始めて韓国に行きましたが、いろいろな印象を受ける中、教会等に「バナー」が多いな〜ということを感じました。 もちろんサイズや、縦横、様々でしたけれども、教会には、ちょっとしたイベント毎や、やたらに列べてあることが多いと思わされました。

 今回御利用いただいた皆さんもこのキャンプのためにバナーを制作されてこられました。
もちろん、業者が作ったと思われる、布に印刷されたものです。
 バナー3
しかも、この2日間の為だけに、さらにメイン会場のチャペルだけではなく

バナー1
子どもさんと、ユースのためのレク室用にも用意がされていました。

バナー2
 日程と会場も印刷されていましたので、今回の為だけに作られているということもわかりますでしょ!

 感覚の違いと、お金のかけかたの違いということがあるんでしょうね〜


 今回の御利用で、7名の方の洗礼式、日本人の方もいらっしゃったということで、純粋に嬉しいことと、スタッフ一同も喜んでおります。
 感謝いたしております!



NGC Tシャツができました!

 NGC Tシャツパック
 夏のシーズンを前にNGC(ネクスト・ジェネレーション・フォー・クライスト:次世代をキリストへ計画)のTシャツができてきました。

 やはり、こちらの収益金はすべてNGC計画の献金になります。
もちろん、6月までにご購入いただけばマッチングファンドの対象になります。
 
マグカップの方もJEAの皆さん等ご理解いただいて、多数ご購入いただいて、感謝です。

NGC Tシャツ


1,500円
です。

ぜひ、お求めください。

よろしくお願いいたします!





JEMA プレヤーサミット

新緑ということで
 (現在こういう季節です?  落葉樹は新緑が濃くなりつつあります)

今週は意外と忙しい週でした。
 JEA(日本福音同盟)の青年宣教セミナーと重なるかたちで、毎年実施されているJEMA(日本福音宣教師団)主催のプレヤーサミットが昨日まで3泊4日で行われていました。
 プレヤーサミットですが、JEMAの主催ということで、対象範囲はものすごく広い※のですが、参加者はさほど多くはございません。10名にならないぐらい....
(※日本福音宣教師団とは福音的な宣教師の超教派の交わりですね。宣教団だけでも100団体:個人を含めてですけれども、日本に来ている宣教師は1000 名を超えますからね〜 いろいろな宣教団や、いろいろな教団の牧師先生がこられます)

 プレヤーサミット!=「祈りの首脳会議」? 祈りと賛美と証しというシンプルなプログラムで、落ち着いて、じっくりとという面では本当に祝された、本当に良いプログラムだと思いますし、そういう客観的な評価もあるわけですので、忙しい牧師こそ、こういたプログラムに参加できれば良いのでしょうけれども....

 ただ、ある宣教師と話しましたが、やはり、日本の教会で働いていると平日とはいえ3泊4日出るということは難しいとのことです。
 欧米の皆さんも基本的に日本の時間の流れに合わせなければならない様です。

 皆さん4日間もおられたのでお帰りになられる時には、何か親戚が帰っていってしまう気持ちになりました。

 また、来年もよろしくお願いいたします!



profilephoto
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
「自殺志願者」でも立ち直れる
「自殺志願者」でも立ち直れる (JUGEMレビュー »)
藤藪 庸一
神学校のクラスメートで、バレーボールサークルでたいへん世話になりました藤藪庸一先生の著作です。
 すばらしい働きに感心させられるばかりです。
recommend
Naima
Naima (JUGEMレビュー »)
Meg Okura
実妹:大倉めぐみの最新アルバムでございます。

 パガニーニのカプリースNo.24のラテン版等、「弾きまくり」作品等も含まれます。ピアノのMamikoちゃんのプレイも半端でございません。
recommend
【送料無料】ボーズ BOSE 502AW/1本 PanaraySRスピーカー
【送料無料】ボーズ BOSE 502AW/1本 PanaraySRスピーカー (JUGEMレビュー »)
青梅キリスト教会の新会堂に入るメインスピーカーがこちらになります。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

なんとスティーブ・カトラゼク宣教師の50歳記念の青梅〜富士山の旅が4Pに渡って記事になりました。
recommend
The Romanian: American Jazz Suite
The Romanian: American Jazz Suite (JUGEMレビュー »)
Sam Newsome & Lucian Ban
義弟Sam Newsome のキューバンJAZZ作品です。最近はアンサンブルの物少なくなっていますが、やっていないわけではありません。作品発表の数は少なくありませんが、アンサンブル物で気軽に聴ける作品です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座