<< 2010 Tシャツはこんな感じです! | main | 2010年 夏シーズン前 日本クリスチャンキャンプ協議会役員会 >>

クリスチャンキャンプスタッフの態度

 古い夏の受付の様子
(コラムの内容には関係ありませんが、ちと古い画像ですね)

 「キャンプスタッフとしてどうあるべきか?」それ以前に「クリスチャンとしてどうあるべきか?」ということはいつも考えさせられるところです。
 
 OBCのスタッフの在り方、また、「求められる態度」ということを考えた時に、やはり、かつのて評価が著しく低い時代を思い出さざろうえません。
 
 「クリスチャン宿泊施設」ということで、御利用なさる皆さんもそこに期待する部分が多いわけですけれども、かつて、スタッフの対応や、態度が悪いことに驚いてしまうような状況が現実にあったということです。
 その改善の為に、まずは自分自身がそれを理解し、自分自身の態度を常に見直し、確認するということと、他のスタッフが接客(?接御利用される皆様)について、改善できるようにどうしたら良いのか?ということを、悩みながら前任のディレクターとも取り組んだ課題でした。
 
 ひとつはOBCが米国宣教団と宣教師によって運営されているということの中で、そのような接遇マナーは日本人の感覚と違っているということも背景の原因でした。
 日本人が米国に旅行すると、レストラン等でウエイトレス等の態度が悪いのにも関わらず、チップを取られるということにとても納得がいかない、という経験をします。彼等からすれば、決して態度が悪いというつもりが無くとも「日本人の目」、「日本人の常識」から見たときにに明らかに「悪い」という風に見えてしまうのです。
 しかし、日本のクリスチャンキャンプにおいて、「それがアメリカのやり方だ!」とか、「ここは宣教団の施設だから!」というのが通用するわけがありません。
 ただ、そんなことを考えながらも、実はかつて「アメリカの方」からも「OBCスタッフの対応が悪い」と指摘されたことがあったそうです。
 この問題というのは、そういうレベルの話しではなかった事実であることもわかりました。
 感謝なことは、OBCを利用された神学校の先輩や、母教会の方々にも、そのことを指摘されたことです。
 嬉しいことではありませんでしたが、それが外部で言い伝えられ、わたしたちが知らない、という状況より、それが勝っているからです。改善の努力を願って伝えてくださっているのです。


  「まことに、あなたがたに告げます。もしあなたがたの義が、律法学者やパリサイ人の義にまさるものでないなら、あなたがたは決して天の御国に、はいれません。」
マタイ福音書5:20

 キャンプのスタッフになってから、松原湖バイブルキャンプというクリスチャンキャンプでの奉仕の機会が何度か与えられました。
 特にあるキャンプでリーダーをさせていただいたときですけれども、グランドワーカーの方々、オフィスワーカーの方々、それぞれ無償で奉仕しておられるにも関わらず、キャンププログラムができるだけ良いものとなるために、リーダーに協力してくださる姿勢にたいへん驚かされました。もちろん、キャンパーや、来場者すべてに対しても、もちろんそうです。
 丁寧で、いろいろな点で行き届いていて、失礼の無い言葉遣いを常に心がけ、誠実さが顔にもあらわれている!
 全国的に好評となるキャンプ場の理由はこういうところにもあるのです。

 当たり前のことだと思われるかもしれませんが、それが「パリサイ人の義にまさる」という一面をみたように思います。
 日本では、高いレストランでなくても、店員の態度はある程度のものが求められ、実行されてます。外国の方が日本に旅行してこられて喜ばれるのは、人々の「態度」であるということがよく言われます。
 お店の店員さんは「給料をもらって」その「態度」を、ある面、提供しているわけですけれども、キリスト者はそういうことではなく「良い対応」が求められ、そしてそれに「まさる」必要があるのです。 そして、それを強いられてやるのではなくて、喜んで、心からできることに価値があります。

 わたしたちは今でも、足りなさは感じさせられます。
 巷では「公務員」の悪態が指摘され、改善がなされつつありますが、私も、前職が公金を賜って仕事をする職場でしたので、「接遇訓練」は受けておりません....

 また、現在でも、松原湖の様な形には、程遠い状況であることは否めません。

 しかし、御言葉の確信の中で、常任スタッフが認識を新たにし、そして、それが主の栄光を表すということ=そこにキャンプ宣教が前進する鍵があることを、理解していくことができればと願うものであります。







コメント
そのような謙虚な姿勢はすばらしいと思います。日本のクリスチャン施設の数は多くはないと思いますが、切磋琢磨していけば、更に神様と人に喜ばれる施設になると思いますよ(^^) 
私は年に一度しかセミナーで使っていないので、何かを言える程の者ではないですが(^_^;) でも、応援してますよ(^^)
  • S.Maeda
  • 2010/06/25 9:44 AM
考えさせられるコラムをありがとうございます。
自分もキャンプ宣教に重荷を持つ者として、環境の改善を考え直したいと思います^^
  • カミよし
  • 2010/06/25 2:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profilephoto
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
「自殺志願者」でも立ち直れる
「自殺志願者」でも立ち直れる (JUGEMレビュー »)
藤藪 庸一
神学校のクラスメートで、バレーボールサークルでたいへん世話になりました藤藪庸一先生の著作です。
 すばらしい働きに感心させられるばかりです。
recommend
Naima
Naima (JUGEMレビュー »)
Meg Okura
実妹:大倉めぐみの最新アルバムでございます。

 パガニーニのカプリースNo.24のラテン版等、「弾きまくり」作品等も含まれます。ピアノのMamikoちゃんのプレイも半端でございません。
recommend
【送料無料】ボーズ BOSE 502AW/1本 PanaraySRスピーカー
【送料無料】ボーズ BOSE 502AW/1本 PanaraySRスピーカー (JUGEMレビュー »)
青梅キリスト教会の新会堂に入るメインスピーカーがこちらになります。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

なんとスティーブ・カトラゼク宣教師の50歳記念の青梅〜富士山の旅が4Pに渡って記事になりました。
recommend
The Romanian: American Jazz Suite
The Romanian: American Jazz Suite (JUGEMレビュー »)
Sam Newsome & Lucian Ban
義弟Sam Newsome のキューバンJAZZ作品です。最近はアンサンブルの物少なくなっていますが、やっていないわけではありません。作品発表の数は少なくありませんが、アンサンブル物で気軽に聴ける作品です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座