こんなこともさせていただいています。

   いつもとは違う春を迎えておりますが、いよいよ、始まって以来始めて、通常の御利用をいただいてます。
 これも本当に感謝なことです。 ゴールデンウィーク、5月もキャンセル等多々あり厳しいですが、御利用をいただけることは嬉しいことです。

 OBCコイノニアサポートということで、被災地支援を続けてさせていただいておりますが、
 現在は、カトラゼク宣教師が栃木県那須のCRASH JAPANのベースキャンプに入り各種ボランティア活動に携わっていますが、他のスタッフはOBCでの働きに戻っております。

 被災地の必要、被災地教会の必要を考えますと、現地に行きたいと願うことも多いのですが、今、必要なキャンプ宣教の働きを進めていきたいと思っています。

 そんな中ではありますが、できるだけ、被災地の働きに協力させていただきたいという願いから、石巻キリスト教会の働きに微力ながら、小さなことでお力になれる様にこちらで応援させていただいています。

ロジャーラウザー

 チラシ、ポスターの作成をさせていただきました。

・ロジャー・ラウザー オルガンコンサート
・5月10日(火) 午後1:30〜
・会場:石巻市 日和山 鹿島御児神社境内
・協力:グレース・シティ・リリーフ
 ロジャー・ラウザー先生はグレイス・シティ・チャーチの宣教師ですが、megの大学院の後輩です。
 チラシポスターでは詳細触れていませんが、このイベントのメッセンジャーは同盟基督教団の朝岡勝先生がしてくださることになっています。

 プログラムの祝福をお祈りしています。





福島県いわき市での働きについて1

OBCコイノニアサポート について、お祈りをいただきありがとうございます。
 現在のところ、避難施設の働きは応募がないためにスタートしておりません。もし、皆さんの方に状況等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。 
 SEND宣教団に対し、この震災支援の米国からの献金、また、有志の教会から献金が約束されていますので、ご理解いただければと思います。
 感謝なことにこのことがOBCの財政が圧迫される様なことではありませんで、むしろその逆であることをご理解いただければと思います。

 さて、被災地支援の働きの方は 3月20日から実働させていただいています。
 カトラゼク宣教師は ・宮城県仙台市 ・福島県いわき市 等に物資の輸送の働きをさせていただきました。 現在は、茨城県日立市を拠点に各地に物資調達、配送の働きしております。
カトラゼク師は大工仕事等の専門技術がありますので、今後そちらの働きができることを願っています。 神戸震災時にも実績があります。

 yasokの方ですが、避難施設の働きがスタートしなかった為に、3月28日(月)〜 福島県いわき市の方で、支援物資の配布活動を中心にさせていただくことになりました。

勿来被災地
いわき市の輪山地域 〜 勿来キリスト福音教会からは比較的近い場所です。


 3月24日に平キリスト福音教会への物資輸送を視察を兼ねてさせていただいた時に、oktomoが小学生時に通わせていただいた勿来キリスト福音教会に訪問しました。
 そこで、ボランティアの必要の要請をいただき、ぶどうの木コイノニア(青梅キリスト教会)
として、(を兼ねて)、派遣されました。

  勿来キリスト福音教会では、S牧師先生夫妻が近隣に対する物資配給や炊き出しを、教会が所属する日本同盟基督教団の諸教会からすでに物資が送られて来てい ましたので、働きを開始されていました。教会は大きな地震の揺れと、床下浸水の津波被害がありましたら、先生方地震も被災者で、今でも地震があると、津波 に対する恐れを感じながら生活されていますが、その様な中で、近隣のもっと大変な状況にある方々に仕えておられるのです。

勿来物資配布
勿来キリスト福音教会の物資配布の様子

 また、S先生がこの3月まで兼牧会されていた湯本キリスト福音教会でも、地域的な支援の必要が強かったために、S先生ご夫妻だけでは難しいという、そちらの働きに加えさせていただきました。
 特に、こちらの湯本では、地域的に、水道、ガスがまだ通っていないところが多く、また、買い物する店も閉まっていることがあり、多くの方々が教会に訪れ、全国、海外からの諸教会、クリスチャン達から捧げられた物資をお持ちになりました。

キャンプ車 物資配送
OBCの車による物資輸送 カトラゼク師がいわきに現れました!
 
 震災は緊急自体ということで、どのように支援者が動いているのか把握できないことが少なくありませんが、何と、カトラゼク師が私たちの働かせていただいている教会に物資を届けに来ました。
 勿来の教会の前で、「見たことのある車に似てるな〜」と思ったら、「八王子ナンバー」でした!
 カトラゼク師は
CRASH JAPANの働きを通して、仕えていますが、それぞれの働きに繋がりが有り、そして、協力できることの喜びを覚えました。

 カトラゼク師 いわきに
カトラゼク師と海外から支援に参加した方々、そして青梅キリスト教会のボランティア 



 私たちが滞在中に、スーバーの食料品も増え、また、ガスや水道が使える地域が日々拡がっていきましたので、必要は小さくなるかもしれませんが、教会の働きが更に用いられ続けることを願います。

 同じ働きについて、次に引き継ぎ、現在も新たなチームが(同盟基督教団)が入っています。


3月28~31日まで いわき市の方に行かせていただておりました。

 3月28~31日まで いわき市の方に行かせていただておりました。

OBCコイノニアサポート の一環として、また青梅キリスト教会の働きとして、
福島県いわき市 勿来(なこそ)キリスト福音教会 & 湯本キリスト福音教会の 支援物資配布活動を中心とした働きに加えていただきました。 (日本同盟基督教団の各教会)

 先週の訪問の報告が未だでしたが、コイノニアサポートの避難施設の働きがスタートしていなかったため急遽、行かせていただくことになりました。

 また、こちらのレポートの方させていただきますので、また、しばらくお待ち下さい。

 事情により (こちらの事情についても支援者の皆さんに詳しく報告すべきですが)
 急遽、青梅東宣教キリスト教会の牧師代務者となりまして、3月20日から毎週、教会の講壇に立たせていただかなければならなくなりました。
 こちらについてもお祈りいただければ感謝です。
 よろしくお願いいたします。


 平 物資2
平キリスト福音教会に全国の教会、クリスチャンから送られてきている物資



福島県いわき市に行かせていただきました。パート1

  3月24日(木)福島県いわき市に物資輸送のために、青梅キリスト教会のH牧師と共に行かせていただきました。

 エヴァンジェリカル・オリエント・ミッションの平キリスト福音教会、同盟基督教団・勿来キリスト福音教会及び元牧師のW先生を訪問させていただきました。
 ご報告の方は3回に分けていたします。

 今回、平キリスト福音教会(グローバル・ミッション・チャペル、以下平教会)にいて、OBCにも何度も来て奉仕してくれているイカピーから「重量ブロックが欲しい!」という願いがありましたので、そちらを東京(青梅:笑)で調達しました。
 車に余裕がありましたので、今回の被災支援に必死に働いているはたらきCRASH JAPANから物資をお預かりしていきました。クラッシュのオフィス
 クラッシュジャパンの事務所では、多くの方々がボランティアで働いておられました。
S.Yokichi先生の次男のご夫妻(奥様はご存知Hi-BAスタッフ)、SENDのKan先生、Win先生、昨年の夏中奉仕してくださったPaulくん、JoyCampのC.Eくん始め、OBCの関わりとしては、上げ切れないほど多くのスタッフが関わっています。

クラッシュの物資
 クラッシュではすでに多くの配送が始まっているので、集まった物資も相対的には少なくなってきていましたが、今回わたしの車に詰めるだけ積んで運ぶことになりました。
 クラッシュとしては福島県への支援は初めてということで、今後支援の繋がりができればということで、その橋渡し役も申しつかりました。

神奈川消防庁
 常磐自動車道の友部SAで給油を試みましたが、10数分の待ち時間で入れることができましたが、そこに神奈川消防庁の原発関連の支援車が多数来ていました。
 高所放水車等 かなりの台数と騒ぎでした。

 いわき中央ICまで常磐自動車道が現在開通していましたが、道路はやはり茨城県内、福島県内はだいぶ崩れた様で、新規で舗装がなされている跡が多く、また、道路の歪みも多く、気をつけて運転する必要がありましたが、基本的にスムーズに走ることができました。

 いわき中央ICまで下車した後、平教会に向かいました。  つづく


取り急ぎご連絡まで 明日いわき市に行ってまいります。

 大倉寧です。

 被災された方々の為にお祈りいたします。

 明日3月24日(水)に 福島県いわき市 グローバル・ミッション・チャペル (平キリスト福音教会)に救援物資の輸送で行ってまいります。

 こちらの教会は、今、大変ないわき市の状況の中で、大変活発に地域に対し救援活動を実施しています。
 JEMAのプレヤーサミットで毎年、OBCに来てくださる A.M.先生が牧会される教会です。
 また、ユースキャンプで度々講師をしてくださったイカピーや、キャンプで奉仕してくださったオリビアさんや、ダイキくんなどもそちらの教会のスタッフです。 
 現在、そのような教会スタッフを中心に、支援物資を地域に配り、また、被災者のシェルターとして教会が機能しています。 ぜひ、働きを覚えてお祈りいただければと思います。


 OBCでは 「OBCコイノニア・サポート」が開始していますが、今回は、青梅キリスト教会として、そちらに伺わせて参ります。
 物資の方はCRASH JAPANを通してお預かりして参ります。

 OBCコイノニア・サポートの方ですが、WEBページは仮の開始です。
 
 http://koinonia.o-bc.net

 よろしくお願いいたします。


日本福音キリスト教会連合中関東地区西地域宣教大会 at 永福南キリスト教会

  5月23日(日)ペンテコステの主日には、午後から日本福音キリスト教会連合(以下JECA)中関東地区西地域宣教大会に参加させていただきました。

 こちらの「大会」の方は、「参加」ということで、私達が何かすることがあったわけではないのですが、「献金をしてくださる」ということで、ノコノコとお邪魔してまいりました。
 献金の使途について紹介の時に、数十秒程アピールをさせていただいた、だけです。
しかも、そのような時間が与えらえれることも知らされていなかったので、準備がありませんでしたので....  「備えよ常に!」の大切さも思い知らされました。

宣教大会 永福CH1

 永福南キリスト教会は、新しい教会堂が完成したばかりです。母教会青梅キリスト教会が現在建築中ですが、何と同じ設計会社と施工会社ということで興味がありました。
 会場までの距離的なこともあり、遅刻しての出席となってしまったので、最初からプログラムに参加することができませんでしたが、若い方々のJECA都区内教会合同ワーシップクワイヤ&オーケーストラ(?ちょっと大袈裟か)があったり、証もいろいろで、四谷にあるぶどうの樹キリスト教会では、教会の歴史から、宣教分析から、教勢を見ている報告がありました。
こういうことを宣教大会で行うのはJECAでは珍しいかな〜?


宣教大会 入月師 三木師
 主講師は、奥多摩バイブルシャレーのOBである入月英明先生でした。
こちらは、朝顔chのM先生とのスキットです。
JECAの宣教大会でスキットがあるというのもやはり珍しかったのかな〜?


宣教大会 入月師

 100名以上の参加で、確かに、参加された方々は都区内からがほとんどでしたが、恐らく私達は参加した中では最西端だったと思います。
 お交わりに加えていただけて本当に感謝でした。

キャンプで出会った多くの方々とも再会でき、貴重な時となりました。


JECA北関東地区牧師会で講演させていただきました!

今週の月、火と、私の所属する「日本福音キリスト教会連合」(略記:JECA 読み方:ジェカ)の、北関東地区の教職者会で御利用いただきました。
 (ちなみに私の所属は中関東地区です)

北関東牧師会1
(画像提供はセンド宣教団のD.S.宣教師です)

 今回は何と2日目の午前中のほぼすべてを使って、yasokの講演と質疑ということになりました。 
 この様な機会を作っていただけたことは本当に感謝なのですが、私のようなものに、多くの時間をくださって本当に恐縮しております。
 (長年キャンプ委員をしてくださったM先生の置き土産でしょうか?)

 最初は、「OBCの紹介」ということで、お聞きしていましたので、10分程度の簡単たアピールを考えていましたが、後で「1時間の講演と質疑」ということがわかりました。

ということで、志向を変え 
 「キャンプ宣教について」というテーマで少しお話しをいたしました。
   1・「日本のキャンプ宣教の歴史」
   2・「近年のキャンプ宣教の動向(変化)」
   3・「奥多摩バイブルシャレーのキャンプ紹介」「奥多摩福音の家の紹介」
   4・「NGCプロジェクトの紹介」
   5・JECA と後援キャンプ場との関係についての提案 (OFI,OBC)
   等々でした。


 北関東牧師会2

 結局質疑を含めて、 9時半にスタートして終わったのは12時までとなりました。
質疑が盛り上がった(わたしの目から見てですけれども) のは、本当に感謝なことでした。
 特に、これまでのCCI/J(日本クリスチャンキャンプ協議会)の交わりで知らされた情報や、oktomoの松原湖バイブルキャンプの常任スタッフとして置いていただいた経験と、交わり(人脈?)を通して教えらて来たことがフルに役立ちました。 感謝しております。


北関東牧師会3


 大先輩の牧師先生方、また、神学校の先生方を前にしてお話しさせていただくことは本当に緊張しましたが、貴重なご意見もいただきながら和気藹々(わきあいあい)と進めることができました。
 御清聴ありがとうございました。


4月の主日礼拝出席  これまでには経験のない動きです。

青梅東
この4月から、立場が変更したということで、これまで大月福音キリスト教会の責任がありましたので、通常そちらの礼拝で奉仕させていただきましたが、現在、これまで、経験をしたことのない主日礼拝生活をしております。
大月福音キリスト教会ロゴ

2010年4月
・第1主日 大月福音キリスト教会
・第2主日 青梅キリスト教会
・第3主日 青梅東宣教キリスト教会
・第4主日 甲府キリスト福音教会
青梅キリスト教会ロゴ
5月
・第1主日 シオン・キリスト教団 青年キャンプ主日礼拝 (at 奥多摩バイブルシャレーチャペルの予定)

 ということになっています。

 メッセージをしたのは大月と、甲府だけだったのですが、正直にいうと、自分の教会がどこだかわからない感じです。

 でも、多くの皆さんの交わりに加えられていることを本当に感謝しています。

 4月〜6月は、いろいろな教会をお伺いする予定にしております。




第5回日本伝道会議 残務処理委員会 最後のお仕事?=記録DVD発送作業

  昨年秋に実施されました「第5回日本伝道会議」で事務局(残務処理委員会)の働きをさせていただいておりましたが、いよいよ最後のお仕事となりました。
 まだ、これから会計監査や日本福音同盟(JEA)の総会での報告等があるそうなのですが、私は直接仕事をすることはないと思われます。
 今回の仕事は「記録集」DVDの発送でした。 
「資料集」もCDでしたけれども、経費の削減ということで、「印刷物」=「本」には、今回しないことになったんですね。
記録集DVD
時代を感じますが、なるべく「お金をかけない」ということは大事なことだいえるでしょう。貴重な献金を預かっていますから
 いわゆる「本」を作ることを考えると、7 or 8分の1の金額なのです。ですので、ご不満の皆さんにはお許しをいただきたいと思います。

「資料集」「記録集」共に、盤面のレイアウトデザインなど担当しましたが、実行委員長のH師からもお褒めの言葉をいただき感謝です。(「記録集」のセンター画像に写っているのは、H先生の息子さんのお嫁さんのコっちゃんです!:牧師夫人にコっちゃんとは失礼いたしましたが、OBCのキャンパーとしても、スタッフとしても働いてくださったOGでもあります!)

「資料集」がCDで、「記録集」のDVDなのは、データの容量の違いがあります。
記録集には、全体集会のメッセージ動画が入っています!

 ・朝の3回の聖書講解
 ・聖会 & 宣教大会
 ・青年大会
 ・宣言文 宣言

 フォーマットはmpegファイルですのでパソコンで見ていただくものですけれども、デジタルデータならではのメリットです。


 
 昨日はとにかく発送作業でしたので、頭を使う感じではありませんでしたけれども、牧師先生方が、ひたすら単純作業をするということでしたが、皆さん文句をいわずに、ひたすらに主の働きとして仕えてくださっていることに、本当に頭が下がります。

作業です

 何とか昨日のうちに梱包作業、必要なラベル張り等終えることができ感謝でした。



楽しい仲間です JCE5事務局

 教団教派の枠組みを超えたこの様な働きですが、本当に皆さん親しくなり、楽しい交わりでもあります。
 牧師達ならではの話題も結構多いですけれども、勉強になることも多いですよ!


profilephoto
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
「自殺志願者」でも立ち直れる
「自殺志願者」でも立ち直れる (JUGEMレビュー »)
藤藪 庸一
神学校のクラスメートで、バレーボールサークルでたいへん世話になりました藤藪庸一先生の著作です。
 すばらしい働きに感心させられるばかりです。
recommend
Naima
Naima (JUGEMレビュー »)
Meg Okura
実妹:大倉めぐみの最新アルバムでございます。

 パガニーニのカプリースNo.24のラテン版等、「弾きまくり」作品等も含まれます。ピアノのMamikoちゃんのプレイも半端でございません。
recommend
【送料無料】ボーズ BOSE 502AW/1本 PanaraySRスピーカー
【送料無料】ボーズ BOSE 502AW/1本 PanaraySRスピーカー (JUGEMレビュー »)
青梅キリスト教会の新会堂に入るメインスピーカーがこちらになります。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

なんとスティーブ・カトラゼク宣教師の50歳記念の青梅〜富士山の旅が4Pに渡って記事になりました。
recommend
The Romanian: American Jazz Suite
The Romanian: American Jazz Suite (JUGEMレビュー »)
Sam Newsome & Lucian Ban
義弟Sam Newsome のキューバンJAZZ作品です。最近はアンサンブルの物少なくなっていますが、やっていないわけではありません。作品発表の数は少なくありませんが、アンサンブル物で気軽に聴ける作品です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座